基礎科学部門地球科学・宇宙科学分野
小山 勝二Katsuji Koyama

小山 勝二
京都大学 名誉教授
専門分野キーワード
X線天文学、宇宙線物理

講演テーマTitle of Presentation

「京都千年の超新星のX線研究」

超新星爆発の衝撃波は膨張するプラズマを作りそれは強力なX線を放射する。このX線観測は(1)超新星が宇宙線(宇宙の最高エネルギー荷電粒子)の加速源であることを実証し、その加速機構は拡散衝撃波加速(フェルミの統計加速の1形態)であることを解明した。(2)スペクトル解析によってこの超新星がIa(宇宙のスケールを図る標準光源)であること、並びに恒星の内部及び超新星爆発時に合成された諸重元素の組成比を解明した。(3)X線形態解析によってIa超新星の非球対称爆発を明らかにした。 本講演では以上の3点に焦点をあて、X線天文学の研究の詳細を述べたい。この研究で用いた超新星は宮廷歌人、藤原定家が明月記に残した約千年前の平安時代に起きた超新星である。

プロフィールProfile

ホームページ URL
簡単な履歴
1945年生
1968-1975 京都大学理学部物理学博士課程, 日本学術振興会奨励研究員(東京大学原子核研究所)で原子核物理の研究
1975-1987 東京大学宇宙航空研究所 助手
1987-1988 宇宙科学研究所 助教授
1988-1991 名古屋大学理学部 助教授
1991-2008 京都大学理学部 教授。この間X線天文衛星の開発打ち上げとそれを用いてX線天文学の研究に従事した。
主な受賞・栄誉等
主な論文・著作等

講師&講演概要へ戻る