コンセプトConcept

「京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム」(略称“KUIP”)は、京都大学の主催、稲盛財団の共催により、日本が世界に誇る国際賞である京都賞(稲盛財団主催)の分野を対象に、最先端あるいは現在注目される研究者や芸術家を迎えて開催するものです。講演などを通じて、様々な出会いが生まれ、各分野の新たな発展へと繋がる場を提供するとともに、次世代の研究者の育成や、最先端の学術・芸術の動向や魅力を広く社会に発信することを目的とします。

シンポジウム開催の背景及び趣旨Background and Objectives

シンポジウムイメージ写真

稲盛財団が設立され、京都賞が創設されてから30年目を迎えた2014年に「京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム」は生まれました。

京都賞は、その理念や選考の内容が大変素晴らしく、正に我が国が世界に誇る国際賞です。京都賞が、世界のもっと多くの方々に知られ、対象分野や受賞者に注目が集まることは、世界の専門家がこの賞を目指して精進することに繋がり、延いては本学の基本理念である「地球社会の調和ある共存に貢献する」ことに通じるものと考えます。

そこで京都大学では、京都賞の3部門12分野を対象とする国際シンポジウム「京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム」を開催することとしました。当該分野の専門家はもちろんのこと、研究者の卵である大学院生や一般の方にも参加いただけることが重要と考えています。

また、京都賞は芸術分野も含み、多岐に渡るところが特徴であることから、本シンポジウムでは、京都賞が対象とする様々な分野の専門家が出会い、新たな革新的発展が起こる切っ掛けとなることを期待するものでもあります。

シンポジウムのコンセプトConcept of This Symposium

  • 専門家同士が最先端あるいは現在注目される話題についてディスカッションすることにより、京都賞が対象とする学術・芸術分野の振興を図る場を提供します。
  • シンポジウムの開催により、京都賞の素晴らしさがこれまで以上に世界の人々に知られ、関心を高めることに寄与します。
  • 様々な研究活動や芸術活動と接することを通じて、次世代の研究者等の育成に寄与します。
  • 最先端の学術あるいは芸術の動向やその魅力を、社会や他分野の研究者等に向けて発信するとともに、異分野間の対話の場を提供します。

対象分野Fields of Focus

先端技術部門 基礎科学部門 思想・芸術部門
2014 情報科学 生命科学 思想・倫理
2015 エレクトロニクス 生物科学 音楽
2016 バイオテクノロジー及び
メディカルテクノロジー
数理科学 美術
2017 材料科学 地球科学・宇宙科学 映画・演劇