ご挨拶Welcome Address

国立大学法人 京都大学 総長 湊 長博

“Kyoto University - Inamori Foundation Joint Kyoto Prize Symposium”(略称“KUIP”クイップ)は、京都大学主催・公益財団法人稲盛財団共催により、2014年から開催している国際シンポジウムです。本シンポジウムの開催を含め、日頃より京都大学の活動にご理解とご支援をいただいている金澤理事長をはじめ財団関係者の皆さまに改めて心より感謝申し上げます。

京都賞は、本学名誉フェローでもある稲盛財団 稲盛和夫 前理事長が、人類の進歩・発展のために貢献したいという強い思いから創設された、我が国が世界に誇る国際賞であり、本シンポジウムは、その京都賞の理念やこれまでの歩みの素晴らしさがこれまで以上に広く世界の人々に知られ、関心が高まることに、京都大学として少しでも貢献させていただきたいという願いから、2014年に第1回を開催したところです。そして、それ以来毎年開催しています。

本シンポジウムは、2014~2017年の4年間にわたり、京都賞の3部門12分野のうち、毎年、2年後の京都賞受賞分野となる3分野を対象として、最先端あるいは現在注目される研究者や専門家を京都大学にお迎えして開催してきました。シンポジウムでは、講演や討論などを通じて分野を超えて様々な出会いが生まれ、各分野の新たな発展に繋がるとともに、次世代の研究者の育成や最先端の学術・芸術の動向や魅力を広く社会に発信する場となってきました。

第5回となる2018年からは、京都賞受賞者とその業績を中心に据えて、社会的関心の高いテーマに関するシンポジウムを開催しています。京都賞の特徴である多様な異分野間の対話を促す精神を尊重し、多角的な視点からアプローチできるよう、京都賞受賞者を核として計4名でシンポジウムを構成し、京都大学の教員がシンポジウムの企画・運営に携わるほか、講演者として参加します。2018年度・2019年度は東京の会場で開催し、今年度はオンラインで開催いたします。より多くの方に最先端の学術研究の知に触れていただける刺激的な場になると確信しています。

このシンポジウムが、皆さまから長く親しまれるものとなるとともに、学術文化都市としての京都の振興と京都賞の一層の発展に繋がることを願っています。